中折れしてしまった時のための言い訳と対処法

2019年11月13日

中折れという状態は、男性にとってある意味ショッキングな出来事になることがあります。
特に女性になぐさめられたら、男性として恥だと感じてしまうこともあり精神的に落ち込んでしまうことも少なくありません。
例えば疲れていて体力的に性行為をしたくないのに、何となく雰囲気にのまれてしてしまった結果が中折れになったという場合もあります。
また女性にせがまれて頑張った結果が、中折れになったということもあります。
一度だけなら、疲れた、飲みすぎたなどいろいろな理由をいうことができますが、これが複数回続いてしまったら、どのような言い訳をすることができるでしょうか。
例えば一度中折れを経験してしまうと、次になったらどうしようという思いが無意識に働いていしまうので、悪循環を招いてしまうことがあります。
しかしながら、それを放置するわけにはいきません。
女性に男性らしさを見せるためには、何らかの対処が必要なのです。
その時の言い訳としては、ちょっと疲れている、ストレスがたまって心配ごとがあるのかな?飲みすぎたのかな?ということが使いやすい定番の言い訳になります。
でもこれも何回も使用できないので、女性があまりに魅力的なので興奮しすぎたという理由も効果的です。
女性を持ち上げつつ、自分の中折れの言い訳もできるのですから。
では実際に中折れしてしまったら、どのように対処するべきでしょうか。
中折れをしそうだという時には、まず動きを緩やかにして深呼吸をする、そして精神的に安定させることを目指すのが一番の方法です。
またストレスや飲みすぎを予防することも大切ですね。
更に性行為をする前には、すこし体を動かしたり、入浴したりして血行を高めておくことも良い方法です。
血流が良いことは男性器の血液の充填にも影響があるので、良い方法であると言えます。
中折れというのは、誰にでも起こる可能性もあること。できることから少しずつ対処をしていくことが重要です。

中折れをどう対処するか?

中折れを放置しておくと毎回発症する可能性があるので、早めに対処をしておく必要があります。
女性には飲みすぎたなどと言ってごまかすことは可能ですが、毎回言い訳が通用するわけでもありません。
中折れに恥を感じる必要はありませんが、パートナーに迷惑をかける行為には違いがないわけです。
なぐさめてもらったからと安心せず、改善するための工夫が必要です。
深呼吸をして気持ちを落ち着けるのも効果的ですが、もっと根本的な要因を解消しないと克服はできません。
悪循環を断ち切るためには疲れやストレスを解消して慢性化させないことが大切となります。
慢性的な疲れやストレスは自律神経のバランスを崩しますし、血管を収縮させて勃起力を不安定にします。
十分な勃起力を復活させるためにも規則正しい生活を毎日続けた上で、運動をして代謝を高めていくなどの対策が必要でしょう。
運動不足はEDを招きやすく、半立ちだけでなく中折れも同様の理由から発生します。
途中で勃起力を維持できなくなる方は、中折れしたくないと意識しすぎている可能性があります。
意識するほど逆効果になることが多いので、深く考えずにセックスに臨んでみることが大切です。
日常生活に不安があると中折れしやすいので、悩みがあれば根本から解決していく必要があります。
悩みを放置すると心因性EDを引き起こす可能性があるので、ストレスを溜め込まないことが重要です。
血流がドロドロになっていると中折れしやすいので、食事改善をしてサラサラ生活を目指してください。
不規則な生活が続いていると下半身も影響を受けてしまうので、夜ふかしはしないようにします。
当たり前の健康な生活を意識することが中折れ対策として重要です。